<< Joe Zawinnul & Zawinul Syndicate @ Motion Blue Yokohama | main | 2006/08/11 ベトナム ホーチミンシティ 堪能編 >>

スポンサーサイト

  • 2012.08.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006/08/10 ベトナム ホーチミンシティへ

きっかり予定通りの早朝4時に目が覚めた。

昨日、早めに就寝したものの旅の前で興奮しているせいか、浅い眠りが断続的に続いたようだ。
しかし、その興奮が目覚めの眠気ををアドレナリンの力でねじ伏せる。
東の空はまだ暗いが出発の時間だ。

自宅からの坂道を下り、電車の乗り込む。
東京駅で成田エクスプレスに乗り換えたが、さすがにお盆時期ということあって車内はほぼ満席。徐々に明るくなる東京を抜け、一路成田へ。

昨日は台風七号が房総半島付近をかすめたが首都圏にはたいした被害は出なかったようだ。
しかし、昨日の天気予報では今回の目的地への中継地点である台湾付近に台風がちょうど上陸しそうな感じだった。情報だと今回の飛行機会社の台湾行きが数便が欠航したようだ。

今日は大丈夫なのか?少し心配だ。

成田着、すでに人込みで凄いことになっている。
航空会社のカウンターへ行くと、欠航は無いようだ。ほっ。

諸手続きを済ませ、定刻の9時40分を少し廻った頃、離陸。

沖縄付近上空を通過すると巨大な積乱雲の眼下には珊瑚礁の美しい島々が広がる。綺麗だ。

しかし、それもつかの間。
目前には台風の余波とでも言うべき巨大などす黒い雲が行く手を阻む。
急激に天候悪化。視界0、気流の乱れを感じながら、台湾は中正国際機上にまずは無事に着陸。ほーっ。

トランジットもスムースに済み、いざベトナムはホーチミンシティ(旧称サイゴン)へ。
現地着は16時の予定。
台風の余波の残る、台湾上空を通過すると徐々に天候が回復。
真っ青な海を抜け、陸が見えてくる。

green wood and red river眼下は一面の緑。濃い緑に埋め尽くされている。

white cloudその中を赤茶けたメコン川が雄大に大蛇のごとく、くねりながら流れ、空には巨大な塔のように入道雲が天高くそびえる。


定刻16時にホーチミンシティ(以下HCMC)の玄関口であるタンソニャット国際空港に着陸。古びた格納庫、ヘリ、飛行機がいくつもありタイムスリップしたような感じさえ受ける。

飛行機を降り、税関を抜けるとHCMC、思ったほど暑くは無い。
先ずはベトナムドンとUSドルにいくらか両替し、タクシーチケットを購入、案内してくれる人について空港の外へ。

空港の到着スペースの前には芸能人でも待つかのごとく人の山。ちょっとヨン様気分だ。

タクシーに乗り込み、HCMCの中へ。

噂には聞いていたが、オートバイだらけ。ホンダ、ヤマハ、スズキ、以下韓国製やら、なんやらかんやら。ほぼ全てが原付スクータークラス。
それら「おーとばいー(現地イントネーション)」が右から、左から、割り込み割り込み!
後ろからタクシーとの距離30cmですり抜け!
前から逆走!
縦横無尽、クレイジー!

車線は一応あるけど、結構大きな交差点でも信号が無かったりする。
そんな夕闇迫るHCMCの中を目標のホテルへタクシーは疾走する。

恐怖もそのうち笑いに変わり始めた。

しばらく乗っていると何か暗黙のルールのようなものを感じる。皆が一定のスピードのペースで走っているから、接触しないのだ(たまに飛ばしまくる輩もいるのだが)

ホテルに無事に到着後チェックインを済ませ、とりあえず夕飯を食いに街へ出てみる。

市内の目抜き通りを北上すると、西洋風の建物、市民劇場が綺麗にライトアップされいている。そして、ちょっと歩くとすぐバイクタクシーのおっちゃんらが声をかけてくる。
やはり日本人だとすぐわかるのか日本語で「何処行く〜」と聞いてくる。中国人には中国語、韓国人には韓国語、欧米系の人には英語、と瞬時にご当地を当てる力、には感服する。
Light Up HCMC他の建物も結構綺麗にライトアップしている。その前ではおばちゃんが風船を売っている。
何か微笑ましい光景だ。

道路を渡るのも最初はおっかなびっくりだがソロソロと歩みを進めるとバイクの方がよけてくれる。うん、以外と歩行者には優しいようだ。

ベトナム料理の代表格、ともいうべきフォーをまず食すことにした。
日本でいうモスバーガーのようなフォーのチェーン店「Pho24」にてフォー・ボーを食す(牛肉入りのフォー)。
お好みでいれる香草の量が半端じゃない。
一緒に頼んだベトナム産の代表格のビール「333ビール」も思ったほど癖が無く美味しい。
で、お腹一杯食べてもベトナムドンで40000ドンくらいだったか。1000ベトナムドンが7円程なので、日本円に換算すると300円行かないくらい。激安。しかし000・・・が多いと何か慣れない。お札も色の違いこそあれ全部ベトナム開放の英雄ホーチミンの顔だし。

その後、移動の疲れもあったのでホテルに戻る。
TVでは「クイズ・ミリオネア」のベトナム版(やはり「みのもんた」風の司会が仕切っているのが笑える)とか濃い内容の番組やっているがNHKのBSも見れたりして変な感覚だ。

ホテルの外では車とバイクのクラクションが時折けたたましく鳴るなかベッドに入る。
部屋のクーラーはとりあえずフル稼働。やはり外は少し暑いようだ。

さて明日は何処へ行こう。

スポンサーサイト

  • 2012.08.20 Monday
  • -
  • 23:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM
sponsored links