<< Bakers Dozen by Baker Brothers | main | Richard Bonaを堪能する夕べ >>

スポンサーサイト

  • 2012.08.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

Jazz Funk Expo 2006 -The Baker Brothers / Boston Horns -

昨晩、11月13日渋谷クラブ・クワトロにて「Baker Brothers / Boston Hornes - Jazz Funk Expo 2006」と題されたライブに行ってきました。

UKのちょい悪ファンクオヤジ、ベイカー・ブラザースとアメリカはボストン出身のその名もボストン・ホーンズの競演ライブ。

クワトロに行く、なんざいったい何年ぶりだろう?
ハチコウ口を降りると、いつものような渋谷の人込み。しかし、ホストのお兄ちゃんとか異常に化粧の厚いお姉ちゃんとかの人込みを避ける術は、ベトナムはホーチミンでのバイクすり抜け横断歩道渡りに比べればたいしたことは無い(笑)

少し時間が早かったので渋谷のHMVでいろいろ物色し、定刻30分前にクワトロ到着。
会場受け付けにつくと後ろからスタッフさんの「ベイカーさん、入りマース!」との声。
振り返ると目と鼻の先にベイカー・ブラザースの3人が。思わず「Nice to meet you(笑)」と右手を差し出すと、日本語で「オゲンキデスカー」と言ってくれる。
黒ぶち眼鏡をかけたちょっと仲本工事似のダン・ベイカーさん。いい人です。

定刻を少し過ぎて先ずはベイカー・ブラザースのステージ。
ギター&鍵盤担当のダン・ベイカー、ドラムはリチャード・ベイカー、この二人はトレードマークの帽子が何処となくブルース・ブラザースを彷彿させる。
ベースにはクリス・ぺダリー。プレベでぶいぶい言わせます。
ゲストとしてサックスはポール・ヤング、Voはヴァネッサ・フリーマン。
特にヴァネッサのVoは黒人系の歌いまわしでベイカーサウンドにかなりお洒落なテイストを振りまいていました。
演奏は荒削りな部分もあるが、逆にいうとそれが味。とにかく自然と体が動いてしまうグルーブの嵐!
CDで聴ける異常のテンションの高さ、もう最高。
あっという間の1時間近く。年甲斐も無く踊りまくってました(笑)

ステージ転換のあと、ボストン・ホーンズの登場。
トランペットにギャレット・サブルク、サックスにヘンリー・ダグラス・ジュニアの二人が中心となって結成したバンド。中心の二人にプラスしてドラム、ギター、ベース、キーボードの6人組だ。

Boston Horns

とにかく一発目の音を出した瞬間からその演奏能力の高さに唖然。しかもぐいぐいと引き込むグルーブ!
ベイカー・ブラザースとは似て非なるそのグルーブはどこかTower Of Powerを彷彿させる。
しかし、彼らの魅力は最近のTOPと違い、インスト中心のところ。個々の楽器のソロで反応しあうところがとても魅力的だ。
絵的にはベースのエリック・セイヤーの長髪ドレッドが何処かボブ・マーリーっぽくてインパクト大(笑)
今回が初来日というボストン・ホーンズ。期待していた以上に素晴らしいバンドだった。

ボストン・ホーンズの終演後は、セッション大会に突入。
ジミヘンの「Crosstown Traffic」なども飛び出し、UKとUSAの二つのグルーブの渦に踊りまくってしまった。

終演後、ごったがえす会場を抜けようとしていると近くにベースのエリックが。思わず握手を求めると力強く握手してくれたので、こちらも負けずと握力を上げて「I'm bass player too」というとエリックは目を輝かせて「oh!」とさらに握る力を込めてくる(笑)。
うーん、やはりベーシストたるもの握力強化は必須なのだな、と感じた渋谷の夜だった。

The Baker Brothers official site

Boston Horns official site

スポンサーサイト

  • 2012.08.20 Monday
  • -
  • 10:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
[洋楽レポート]JAZZ FUNK EXPO 2006 BOSTON HORNS × THE BAKER BROTHERS*じゃぱんつあー*11/13〜11/16
 私が行ったのは月曜日の渋谷クアトロ公演です。 クアトロ好きです。 だって、ステージ近いし、アーティストとの一体感があって いい感じ。  このイベントは、「BOSTON HORNS」と「THE BAKER BROTHERS」の 対バンライブなわけです。  2バンドに共通するのがイベ
  • ken-booの愛あるライブレポート集
  • 2006/11/17 5:33 PM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM
sponsored links