<< Love Rubber? | main | 水温15℃、雨。リアクション? >>

スポンサーサイト

  • 2012.08.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

真っ昼間のキセキ

2010年9月14日(火)相模湖 晴れ時々曇り 水温24℃〜26℃

3時半起き、4時に横浜南部の自宅より相模湖へ。
道路も順調で5時半前に柴田ボート到着。あ、今日は桟橋も空いてますねw
夏休みも終わり、平日の相模湖は静かです。
相模湖の朝

6時頃出船。
とりあえず最近釣れているという貝沢へ。
湖を横断していると、いつもは所々でベイトがちゃぱちゃぱしているのに、なんか生命反応少ない・・・。アオコは先週も発生していて湖面は緑色だったが、茶色い水の範囲がそこかしこに見受けられる。。
ひょっとして一発目のターンオーバー来たのか?
貝沢到着。チャターベイトで探るも竹やぶからは探るも生命感感じず。
・・・移動しますか。

本湖を左回りに戻りつつ、スピナベ(クリスタルS 3/4oz)で岸際を撃つも不発。
国道下、天水岬、天水波消し、柴田桟橋周辺、勝瀬橋オイルフェンス、一二三ブレイクと廻るもどこも生命観薄い。

というわけでいったん脳内整理、ラバジで戦略立てしていくことに。
狙うラインはちょいと深めで5〜7mくらいを。
基本、色はキャリラバノーガードの黒/ブラウン(10年選手だなこりゃw)。
最初は3/8oz、次にウェイトを軽くして1/4oz、んが無反応。
ならばと自作スモラバ(色はグリパンとかウォーターメロンとか)でどうだ。
重さは1/8oz→1/16ozでローテするも反応なし。

むう、今日は苦行になりそうだ・・・
日が昇ると下流方向からいつものように風が出て来た。
湖面ザバザバで釣り難いが、この時期の風表は魚の反応上がると信じてキープキャスト。
午前中を費やし、各所を行ったり来たり・・・しかしなかなかお魚さんからは反応得られません。
廻りに浮かぶボートの皆さんも釣れている方ははあまりいないご様子。

11時過ぎ、集中力も切れて来たので、いつもは湖上で昼食するのを止め、柴田さんの食堂でカツ丼を食すことに。ボリュームあっていいねえ。
柴田食堂にてボリューミーなカツ丼
さて、飯も食ったし仕切り直しで頑張りますか。
再びラバジで考える。
ウェイト軽くして反応得られなかったのでひょっとするとリアクション狙いの方がいいんじゃないの?
1/4ozだったウェイトを1/2ozに上げてみる。んできっと根がかりは多発するだろうから、ノーガードをガード付きのがまかつコブラヘッドのラバジに変更。
アクション的にはいつもの感じでリフト&フォール。
これで勝負してみますか〜

天水波消しはスルーして、天水の岬へ
なんか積乱雲な雲が湖上に出て来た。
少しの雨なら歓迎だけど。

1投、2投・・・
投げて、落として、上げて、落として。。

と、上げようとしたロッドに重みを感じる。
また根がかりかよ〜、と思うと
・・・ググッ・・・
生命反応キタ!!!
ロッド上げ、巻き合わせして寄せようとするも、なかなかの重量感。
おお、デカイんじゃね、コイツ!夢の相模湖50cmUPか!?
TD-S 591MHRB-Sのレギュラーアクションが弓の様に弧にしなり、TD-X 105HiLのドラグが無音で逆回転する。






・・・マジデカイカモ





何度かの重量級突っ込みをなんとかかわし、ネットイン!
ネットイン!

見た目は40cmくらいか、でも良く太ってる〜。
長さ計ってみると40cmちょうど。
ジャスト40cm
重さは計りがないので計れず。
50cmにはまだまだ届かないけど満足の一尾。うれしー。
戦略ハマったのか!?は、いかんともし難いが、とりあえずカツ丼パワーで12:00丁度ゲッツですw

その後、同様な攻めで国道下、勝瀬橋周辺、柴田桟橋周辺と攻めて廻るもまた無反応。。
時折、湖上を通過する小振りな積乱雲からはにわか雨もポツポツ来たりする天気を味方につけられず。。
次の一尾が早々に釣れてくれれば、戦略の一部は正解に近づいたと言えたのかもだが。。

午後2時を過ぎる頃になると、国道下、勝瀬橋オイルフェンス内では小バスと思われるボイルが散発するも結果には繋がらず。

午後3時半STOPフィッシング、結果はお昼の一尾のみ。
でも、いいサイズだったので満足です、はい。
また修行に来ますw

今回のメインタックルなぞ
ラバジタックル

ロッド:DAIWA TD-S 591MHRB-S
リール:DAIWA TD-X 105HiL
ライン:どっかのフロロ12lb
ルアー:がまかつ コブラヘッドラバージグ 1/2oz(ガード付き)

ライン以外は全て10年以上前のものってw
ロッドは沢村プロのラバジビデオの影響で手に入れたMHでショートロッド&レギュラーテーパーのもの。ラバジはいつもこれを使ってる。
最近はもうちょっと長めで固めのロッドも欲しいんですが。
リールは言わずと知れた名品(なのか?)。当時これが出たときは衝撃でしたね〜。高かったけどこのポテンシャルは素晴らしいかった。状態のいい中古でもう数台欲しいですw
ラバジはノーガードはキャリラバ(昔の)、ガード付きはこれを使ってます。
共に長年使ってるんですが、意外にロストしない。ノーガードで根がかった時にはボートで垂直位置まで移動して、ひたすら強めにシェイク。 湖底に沈んだ枝とかだったら枝ごと回収しますw
ガード付きはあんまり使わないんだけど、意外と普通にフッキングできることに今回気がついた。

その昔、津久井湖の名手の張り出し9mラインでブリブリの40cmUPグッドフィッシュをゲットしたのも秋の初めだったな〜と思い出した。
その当時はカメラ持たずに釣行することが多かったので写真は残ってないんですが、いい思いでは年月を経ても鮮明に脳裏に焼き付いてますな。

今日の釣りもきっと何年経っても鮮明に。
そして苦しいことはすぐに忘れるはずw


JUGEMテーマ:バスフィッシング

スポンサーサイト

  • 2012.08.20 Monday
  • -
  • 16:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
わたしも同じリールを激愛用してます。クラッチ位置が絶妙で手返しが強烈に早くなります。
このリールが出た時は衝撃でした。
慣れると使いやすいですよね、ホント。
落とし込みも楽ですし。
  • h2@noise_eraser
  • 2010/10/16 10:26 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM
sponsored links