<< Mickへの追悼を込めて | main | 2012 Japan Fishing Fesitival 国際フィッシングショー >>

スポンサーサイト

  • 2012.08.20 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

5/1 細野晴臣 HoSoNoVa コンサート

 ご無沙汰しております。

この度の東日本大震災にて被災された方のお見舞いとお亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り致します。

少しずつ落ち着きを取り戻しつつある日常ですが、余震しかり、原発問題しかり、政府の対応の後手後手さ、言いたい事は沢山あるのですが、あえてblogに書くほど知識人でもないのでそこはたまにtwitterで流す程度にしておきます。

さて、鬱積した気分をちょいとだけ晴らすべく、大分前にゲットしていた細野晴臣さんのソロコンサートに行って来ました。

5/1 HoSoNoVa コンサート @ 日比谷公会堂



細野さんの全曲ウタ入りアルバム「HoSoNoVa」発売を記念して行われたスペシャルライブ。

生憎の雨模様の日比谷公園の橋に鎮座する戦前から建つ日比谷公会堂を目指す。
相変わらず中は大正ロマンの時代にタイムスリップしたような雰囲気のホール。
席は前から3列目の上側、ピアノの目の前辺り。

開演時間になり細野さんが黒い雨傘を持って登場。
続いてコシミハルさん、高田漣さんを呼び込み、3人で演奏スタート。
ゆるやかに流れるような曲調とマッチする細野さんのやさしい低音ボーカル。
この会場の雰囲気とあって何処か遠い異国へ出かけているような雰囲気だ。

コシミハルさんのタイトなミニスカートに目が奪われがちだがw
高田さんのギター、スチールギター、マンドリン、ドブロギター、など曲によって持ち替える職人技が曲の雰囲気を広げて行く。

伊賀航さんのウッドベース、伊藤大地さんのドラムが入り、バンドの形態になってもゆるくて温かい雰囲気はそのまま続いていく細野ワールド。

ゲストの鈴木茂さんのストラトでロック方向に少しシフトするも、林立夫さんのドラムが入るとどこかゆるいに揺れ戻してくれる。

さらにはスペシャルゲストの矢野顕子さんのソロコーナーでははっぴいえんどの「無風地帯」「風をあつめて」を崩しまくったアレンジで聴かせてくれ、バンド形態では「終わりの季節」を細野さんとの掛け合いで温かい雰囲気を作ってくれた。

「香港Blues」「蝶々さん」「はらいそ」と往年の名曲で締め、最後のカーテンコールにはメンバーが手に持つ暖簾からひょいと首を出して応えるお茶目な細野さん。

でも、MCの中で原発問題にも触れ、アコースティック版で「RadioActivity」by Kraftwerkをやるしたたかさ、相変わらずこの人の動きには注目しなければならないと思うのだ。

スポンサーサイト

  • 2012.08.20 Monday
  • -
  • 11:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
いいね!
  • バンブー。
  • 2011/05/06 3:44 PM
独特の雰囲気ですよね・・あまり聞いたことはないのですが、こういう感じは好きです。
http://bit.ly/1w54Ca
  • サンカク
  • 2011/05/08 9:55 AM
>バンブーさん
なんとポリス来日以来のライブ観戦なのでした!

>サンカクさん
あ、この動画初めてみました。
いいですね〜細野さんは笑いのセンスも最高です。
  • Noise_Eraser
  • 2011/05/08 11:11 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM
sponsored links